狙うはリノベーション物件

マンション購入を真剣に考えているのですが、できるだけお安い中古マンションで中身が綺麗にリフォームされているリノベーション物件が良いと思います。新築のマンションを購入する余裕は全くないですが、中古物件でしたらまだ何とか手に入れることができると判断しました。しかし実際に中古物件を覗かせてもらうとかなり老朽化が進んでおり、低価格でも少し躊躇してしまう物件でした。だからこそ、中古物件であっても内装は新築同様のリノベーション物件が良いと判断しました。壁紙やフローリングもすべて新しい状態になっていますし、それにキッチンやお風呂なども最新型で非常に使いやすいです。もちろん、販売価格は新築物件よりも安い目に設定されているので、かなりお買い得な物件ではないかと思いました。狙うは絶対にリノベーション物件だと断言します。

リノベーションはリフォームとは違う?

不動産物件の広告などを見ていると、リノベーションという文字を見かけることがありますね。最近特に注目されていますが、一体何を表しているのでしょうか?住宅を改築することを一般的にリフォームと言いますね。リフォームの場合は古くなったものを新しい状態に戻すという意味で使われています。不動産物件で言えば、中古一戸建てや中古マンションを購入した際、入居するまでにリフォームを入れることがあるでしょう。それによって状態が古くなっていた部分を新しくすることができるのですから、中古物件でも気にならなくなるでしょう。一方のリノベーションですが、こちらはリフォームよりも規模の大きい工事を行うときに使われる言葉になります。リフォームのように元の状態に戻すのではなく、元よりもさらに良い状態に替えてしまうのがリノベーションです。

中古住宅を買ってリノベーションしよう

マイホームを購入するなら、新築住宅と中古住宅のどちらを選びますか?もちろん何もかもが新しい新築住宅の方に魅力を感じるという方が多いでしょう。特に注文住宅になると、間取りタイプの設計から携わることができるのです。理想としていた間取りを実現させられるという点が大きなメリットになりますね。一方の中古住宅の場合は、ある程度妥協して購入することになるでしょう。キッチンはもう少し広い方がいいとか、二つの部屋を繋げて一つにした方が広々使えるといったことを考えるかもしれません。しかし、中古住宅は元々の持ち主が建築した建物ですから、あとから理想を言っても仕方がありません。そんなときは、中古住宅を購入してリノベーションしてはいかがでしょうか?リフォームと違ってリノベーションなら、希望する条件通りの部屋に仕上げることができます。

お客様の条件によって料金が変わってきます。 当社の「サブリースシステム」は、オーナー様の賃貸住宅をお借りして、入居者に転貸します。 サービス概要は、土地に関するマネジメントで、設立当初より一貫して、サブリースを主な業務としています。 実績のあるサブリース以外にも、プロパティマネジメント、リノベーション、土地活用などエイブルグループ全体で安心の賃貸経営をバックアップします。 リノベーションはエイブルへ

Categories